ふさにのふさ日記

ふさにが好き勝手に記事を書くブログです。

本当にめんどくさがりな人に勧める、なんとか1日のタスクをこなす方法

f:id:fusani:20181101213416j:plain

こんにちは、ふさにです。

いつの間にか涼しくなってきて、お布団から出るのがつらい季節が近付いて参りました。

私は極度のめんどくさがりなので、冬でなくてもお布団から出たくないのですが、
冬なんて来ようものならもう大変です。

時にめんどくささが食欲を凌駕し、いつ干からびてもおかしくありません。

餓死というより「めんどくさ死」です。

そんな死に方はいけない。


まぁそこまでではなくても、

  • 平日は学校や会社で忙しくしていても、休日はものぐさ人間になってしまう
  • やらなきゃいけないことがあるのに、気付いたらのんびりしている
  • 「やる気スイッチを押すためのやる気スイッチはどこ」状態である

こんな感じの方、結構いらっしゃるのではないかと思います。


しかし、我々ものぐさ人間(勝手に仲間にしました)も別に好きでものぐさをやっているわけではないので、
やらなきゃいけないことがある場合はなるべく終わらせてしまって、夜は安心して眠りたいですよね。

ものぐさ仲間達の安眠を守るべく、ものぐさ専門家のふさにが長年研究を続けてきた結果、ついに効果のある方法が分かってきました。

その方法とは簡単です。


チェックボックス付きのto doリストを作ること。

そのとき、to doはすごく些細なことまで思い付く限り書き出すこと。


大したことないように思えるかもしれませんが、試しにシミュレーションしてみましょう。

例えば、ふさにがある休日にto doリストを作るとしたらこんな感じです。


‐‐‐
□ 布団から出る
□ トイレに行く
□ 着替える
□ ごはんを作る
□ ごはんを食べる
□ 洗い物をする
□ 洗濯をする
□ 洗濯物を干す
□ 掃除機をかける
□ LINE返信する
□ ○○について調べる
□ 買い物に行く
□ お風呂に入る
□ 髪乾かす
□ はみがきする
‐‐‐


「そんな些細なことまで書いてどうするの?」と思われたかもしれませんが、そこがポイントです。
もっと細かくてもいいです。

ここでは長くなるのでごはん関連が一食分しか書いてませんが、三食食べるなら三食分それぞれ書く方が望ましいですね。

後で思い付いたto doも、気付いたベースで書き足していきます。


to doを細かく可視化することによって、動き始める前の
「なにもかもめんどくさい…」
という気持ちが、
「結構やることあるな…でもどれも大したことないかも?」
という風に変わるのではないでしょうか。

やるべきことが明確になっている分、ぼんやりとしためんどくささが幾分か取り払われます。

そして「ひとまずチェックボックスに1つくらいチェックをつけるか…」という気持ちで布団から出られれば、もう勝ったも同然です。
起きたついでにトイレにも行けば、早速2つもチェックをつけられました。

些細な項目でも、空のチェックボックスにチェックが入っていくことで気持ちがノッてきます。
つまりこれが、やる気スイッチを押すためのウォーミングアップになるという訳です。


そんな感じでto doリストを意識しながら1日を過ごすと、1日の終わりにはかなりたくさんチェックが付いているはずです。

出来なかった項目もあるかもしれませんが、そのときは自分を責めないでください。

むしろ、「いつもならあのまま布団でものぐさを極めてたのに、今日はこんなに色々できた!えらい!」と自分を褒めてあげましょう

タスクをこなしていくには自己肯定感を高め、次に繋げることも重要です。


また、「そもそもめんどくさいモードの時にはto doを準備することすらめんどくさい」という人もいるかもしれませんが、
1日の中でもやる気の波があるのではないかと思います。

多少やる気のあるときや前日などに、事前にto doリストを準備してしまって、めんどくさいモードに備えましょう。

常にデフォルトのto doリストを作っておいてもいいですね。



というわけで、現段階の研究成果は以上になります。

to doリストを簡単に作るスマホアプリなんかも出ていますので、気になったものぐさ仲間の皆さんはぜひ試してみてください。

試してみたよという方は、効果があった or なかったなど、コメントに書いていただけたりすると大変嬉しいです。

それでは。