ふさにのふさ日記

ふさにが好き勝手に記事を書くブログです。

11月の皇居東御苑、お散歩を楽しんできました。

f:id:fusani:20181121144412j:plain

こんにちは、ふさにです。

快晴でお散歩日和だった11月中旬の某日、今まで入ったことが無かった皇居東御苑をお散歩してきました。

だいぶ寒くなってきたものの、園内は広々と開放的で空気が気持ち良く、冬桜をはじめとする植物を見て回ったりして予想以上に満喫することができました。

たまにはこういう記事もいいよね!ということで、植物や風景の写真をたくさん載せるので、よかったら眺めていってくださいね。

いざ皇居へ

皇居の周りってランナーの方がたくさんいるんですよね。
家の周りを民衆にぐるぐる走られている状況、相当懐の深い方でないと受け入れられないと思います。

大手町駅から出てランナー達を尻目に、大手門から入園。
門のところでカバンの中身を簡単にチェックしてもらってから受付に向かいます。

受付と言っても入場は無料
そうだったんだ~と思いながら受付の人から「入園票」と書かれた札を手渡されます。閉園時間は午後4時と記載されていました。

入園票は退出時に返却するので、なくさないようにポケットへ。

入ってわりとすぐ、冬桜が咲いていました。
f:id:fusani:20181120182229j:plain

引きの写真だとよく見えないくらい花の数は少ないのですが、この時期に桜が見られるって面白いですね。

f:id:fusani:20181120182259j:plain
アップ。ひかえめでかわいいお花。

ここで写真を撮っている人が多かったのですが、実はもっと奥にはこの木よりたくさん花が咲いている冬桜の木がありました(お花見あるある)。


石垣や良い形の松などを横目に、本丸を目指して進んでいきます。
f:id:fusani:20181121135656j:plain

いい感じの建物の上に上弦の月がうっすら見えたので撮影。見えるかな?
f:id:fusani:20181120182358j:plain

ずんずん進んでいきます。ウメモドキ
f:id:fusani:20181121141258j:plain

○○モドキとかニセ○○というような名前を聞くといつも、アニメ「おでんくん」に出てきたニセおでんくんというキャラクターが、

「オレはおでんくんの偽物じゃない。本物のニセおでんくんだ。」

と(うろ覚えですが)言っていたのを思い出して、切ないような形容しがたい気持ちになります。


そうだよね、ウメモドキは本物のウメモドキだよね。


そうこうしているうちに、本丸の広場に出ました。
広々として気持ちが良いです。
f:id:fusani:20181120182632j:plain

植物にテンションが上がる

ふと柑橘類の木がたくさん植わっている区画を発見しました。
柑橘類は好きなので、すかさず近づきます。

f:id:fusani:20181121140227j:plain
みかんだみかんだ!

でもなにか違和感が…?

f:id:fusani:20181121140400j:plain

実ってるというより、枝に刺さっている…!

え、みかんってそうだっけ?と思いながら他の木を見ると、

f:id:fusani:20181121140536j:plain

そうそう、こういうのでいいんだよ。

初めの木はみかんの実が軽すぎて枝がしならないんですね、びっくりしました。
普段食べるみかんはどっちの実り方なんだろうか…。

近くにもっと巨大な柑橘類もありました。

f:id:fusani:20181120182856j:plain

巨大な柑橘類ってなんだかテンション上がりませんか?
私だけですかね?

この柑橘類コーナー、原種に近い貴重な種が集められたものだそうです。

近くに同じく原種が集められている柿コーナーもありました。

f:id:fusani:20181120182929j:plain
秋ですねぇ。

f:id:fusani:20181121142143j:plain
多すぎて葡萄の房みたいになっているものもありました。
さすがに重量オーバーなのではないでしょうか。

ああ、これはたのしいです。

植物とか見て歩くの久しぶりです。

f:id:fusani:20181120183011j:plain
これは紫式部です。
本当に紫色ですね。

小さなお茶畑もありました。
お茶のつぼみがまるまるとして非常にかわいかったので激写。
f:id:fusani:20181120183031j:plain

さらにバラのコーナーへ移動します。

f:id:fusani:20181120183058j:plain
このバラは花は終わってローズヒップがたくさん付いていますね。

咲いているバラもありました。
f:id:fusani:20181121141348j:plain
バラの花の中央辺りの構造って繊細で本当に美しいですね。

奥に2本目の冬桜を発見。
f:id:fusani:20181120183313j:plain

f:id:fusani:20181120183342j:plain
雲ひとつない青空だったので、花が良く映えました。


f:id:fusani:20181120183420j:plain
Kindleの背景みたいな雰囲気の写真も撮れました。

満足して帰路へ

このあたりで閉園時間の16時が近付いたので、大手門に戻り始めました。

f:id:fusani:20181120183523j:plain
都心なので、すぐ外には高層ビルが立ち並んでいてなかなか不思議な景色です。
これはこれで私は結構好きです。

f:id:fusani:20181120183545j:plain
秋ですねぇ(2回目)。


というわけで、入園時に受け取った札を受付で返却して皇居を後にしました。

史跡などは全然チェックせずにひたすら植物を見て楽しんでしまいましたが、とても充実したお散歩になりました。

もう少し寒くなるとまた見られる植物も変わると思うので、また来たいと思います。

おまけ

本当に天気が良かったので、皇居を出た後も写真を撮りつつ歩きました。

f:id:fusani:20181120183620j:plain
風がなければもっときれいに鏡面反射してただろうなぁ。

夕方になって寒くなってきたので喫茶店にでも入ろうと東京駅の方に向かっていたのですが、途中の和田倉噴水公園雀の大群を発見。

鳥も好きなので、すかさず忍び寄ります。

f:id:fusani:20181120183720j:plain

見えますでしょうか?
右上の方には飛び立っているやつらも躍動感たっぷりに写り込んでいます。

本当にたくさんいたのですが、あまり近付くと逃げてしまうのでデジカメを持って来なかったことを非常に悔やみました。

しかし挫けずに貧弱なスマホカメラズームでそっと撮影したところ…


f:id:fusani:20181120183748j:plain

左に一体なにがあるのでしょうか。

非常にかわいいです、奇跡の一枚です。
いい写真が撮れました…。


以上、おまけでした。